FXとは一体?初心者でもわかりやすく解説!

FXは初心者の方にはわかりにくい専門用語がたくさんあります。まずそもそもFXとは一体何?という超初心者の方でもわかりやすく説明をします。


<用語について>

まず、FXとは外国為替証拠金取引のことで、ユーロやドルなどの外貨を売買して利益を生み出す取引のことです。例えば、米ドルの価値が安い時に買い、米ドルの勝ちが高くなった時に売ることで差額が発生しますが、その差額が利益になるということです。買い時と売り時を見極めるのは難しいのですが少ない資金から始めることができるので、近年人気の金融商品ともいえます。


<外貨預金との違い>

利益の差で設けるということを考えると、外貨預金とさほど変わらないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、FXと外貨預金ではレバレッジという大きな違いがあります。レバレッジは少ない資産で大きな資産を運用することで取引会社に預け入れた資産を担保に数倍から数10倍の取引を行うことができます。レバレッジを使うと大きな利益を生み出しますが、リスクも大きくなりますので、少ない資産で始めるという方や初心者の方は資産を大きく減らしてしまうというリスクを避けるためにも、レバレッジの設定は低くして取引を始めてみるのがいいのではないでしょうか。